債権回収目的の資産調査(隠し資産も含む)

債権回収の解決事例(個人)

個人案件ケース①
友人に事業資金として、お金を貸したが返済してもらえない。

相談内容

Aさんは,友人のBさんが事業を始めるというので、1年後に返すという約束をして300万円を無利子で貸しました。AさんはBさんに300万円を貸すとき、ちゃんと1年後に返してくれるだろうと思い、契約書や借用書を作成しませんでした。その後、1年経過しましたがBさんは300万円を返してくれませんでした。Aさんは、300万円を返すように連絡しましたが「1か月待って欲しい。1か月待ってくれれば、大きな仕事の報酬が入るからそれで300万円を返す」と言われて1か月待つことにしましたが、結局300万円は返してくれませんでした。


解決案

Aさんより相談を受け、当コンサルティングでBさんの会社の取引実績や収支を調べた結果、Bさんの会社は少ないながらも利益が出ていました。調査結果をAさんに報告し利益の分からの返済を相談する事、あわせてしっかりとした借用書を作成するように提案しました。話し合いの結果、月々30万の返済と延滞分の50万を返済するとの借用書を作成して無事に解決しました。


個人案件ケース②
会社より不当な解雇を言い渡され給料も未払いのままで困っている。

相談内容

AさんはB商事に勤務する会社員です。これまで欠勤や遅刻もなく、まじめにコツコツと仕事をこなしてきました。ところが,ある日、出社すると上司に呼び出され解雇すると言い渡されました。解雇の理由は社風に合わないというものでした。 Aさんは抗議しましたが、B商事は聞く耳を持たず、いつの間にか解雇が既成事実のようになってしまいました。その後当然給料は支払われずAさんは生活にも困るようになりました。


解決案

解決案

相談を受け当コンサルティングでB商事におけるAさんの勤務態度や仕事ぶりを取引先等に確認、Aさんにまったく非のないことを示す資料を作成しました。 その資料を基に労働基準監督署へ相談へ行くようにアドバイスしました。 Aさんは労働基準監督署へ相談へ行きB商事との話し合いで未払い分の給料をはじめ、職場への復帰などが実現しました。


個人案件ケース③
訪問販売で粗悪品をつかまされ、返品できず困っている。

相談内容

Aさんは最近自宅を訪れたセールスマンの勧誘により健康器具を購入しました。 購入後に商品が届いたところ、Aさんがセールスマンから説明を受けた商品とまったく異なり、作りは雑でどう見ても価格相応のものとは思えません。 商品を間違えて送られたものでないかと思いAさんは問い合わせをしましたが問題が解決しません。 弁護士に相談しようにも大変な費用がかかるためどうしようもなく困っていました。


解決案

Aさんの購入した商品を当コンサルティングで預かり、しっかりとした鑑定を行い商品価値の妥当性を資料にしました。また、同様の被害にあわれ方と共同で資料を提出し訪問したセールスマンを通じて会社との話し合いを提案。 当コンサルティングへの費用等を含め全額返金という和解に至り弁護士へ依頼することなく無事に解決しました。


留意点

※弊社では報酬を受け取って法律行為の代位は一切行っておりません。
また、法律行為が必要な場合には弁護士との契約をお進めしております。
したがって、弁護士との契約が無い場合には調査をお受けできない場合もあります。

​ ※事例の事案は全て弁護士が介在しています。
債務者との直接の交渉などは担当弁護士が行っています。

お問い合わせ